特集
カテゴリー
タグ
メディア

電話での就職面接をうまく乗り切る9つのコツ

米ブログメディア「Manage Your Life」では、キャリアブロガーのMarci Alboherさんが電話での就職面接で使える9つのコツを紹介しています。

1:事前準備をきちんとしよう

電話面接は次の選考ステップに進めるかどうかを判断するためのもの。会社の分析や自分のアピールポイントなど事前準備をやっておこう。

残りの8つのTipsは以下にて。

2:スーツを着る

着ているものは気持ちにも影響する。たとえ相手から見えないからといって、部屋着で電話面接を受けることのないように。

3:静かな場所を確保する

生活音が聞こえない静かな場所を確保し、そこで電話を受けよう。

4:電話面接中は他のことをしない

電話面接の間は電話に集中しよう。くれぐれも、電話をしながら、メールをチェックしたり、ウェブを見たりしないように気をつける。PCを事前に閉じておくのも手。

5:通話は快適に

雑音などが入らないよう、通話状況を良好に保とう。途中で切れたりする恐れがあるので、携帯電話は避けよう。

6:適宜メモを取ろう

メモとペンは手元に置き、必要なことは適宜メモを取ろう。

7:事前に練習しよう

ロールプレイング(模擬練習)で事前に練習しよう。友達に付き合ってもらって声のトーンなどを確認してもらうとよい。

8:誰が電話してくるのか確認する

可能であれば、事前に面接官の名前を確認しておこう。

9:ちょっとの沈黙は気にしない

質問に答えるときには、多少の沈黙はあるもの。むしろ間を取って、落ち着いて考えてから話したほうがいい。

いかがでしたか? 電話のコミュニケーションは相手の表情が見えないがゆえ、ついテンパりがちなものですが、これらのコツを参考に、事前に準備をきちんとした上で、焦らず落ち着いて取り組みましょうね。

How to ace a telephone interview [Manage Your Life]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

4569671977
論理的な話し方が身につく本


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

当座の職をゲットするために履歴書をうまくトーンダウンするコツ

自宅の仕事でオンオフを切り替える10のコツ

米Lifehacker読者の「自分の手の内を明かさず給与交渉をうまくやるコツ」

自分の手の内を明かさず給与交渉をうまくやる5つのコツ

給料アップに効果的な交渉術

swiper-button-prev
swiper-button-next