特集
カテゴリー
タグ
メディア

サイトをアイコン化してくれる「Prism 1.0」の新機能

  • カテゴリー:
  • TOOL

FirefoxアドオンPrism 1.0」がリリースされました。「Prism」は、スタンドアローンのアプリケーションとFirefoxのアドオンの2種類ありますが、今回はアドオンの方のバージョンアップです。

WebサイトをWebアプリとして保存してくれる「Prism」。例えば、Gmailのページを「Prism」でコンバートすると、パソコンのデスクトップ(もしくはどこかのフォルダ)にGmailのアイコンができます。それをクリックすると直接Gmailが立ち上がるというわけ。ブラウザとは別ウィンドウで、独立して立ち上げることができるので、ブラウザが固まって再起動するはめになっても関係無しです。グレイト!

「Prism」のチュートリアル動画があったので、以下にてご覧ください。英語が分からなくても、見るだけでイメージが湧くと思います。

ただ、起動し続けているのはいいけれど、システムトレイの中で不過視になっているから使い難いという不満もあったのは事実。今回のバージョンアップでは、そういった声を反映して、Windowsならシステムトレイに、MacならDocに、ショートカットアイコンが作成されるようになりました。これで必要な時に立ち上げることができます。

他には、前回のバージョンではフォントサイズが小さ過ぎると言われていましたが、今回はウィンドウ毎にフォントサイズを管理・変更することができます。それから、メールやチャット系のものは、メッセージが届いた時などステイタスをアイコンで知らせてくれるらしいです。これはスゴイですね。その他の新機能はこちらでどうぞ。

かなり使いやすくなった感のある「Prism 1.0」、試してみた方は感想をコメント欄で教えてくださいね。

Prism [via The Mozilla Blog]

原文/訳:的野裕子)

 ピクトグラム&アイコングラフィックス〈2〉世界のユニバーサル・コミュニケーションデザイン実例集 (ハードカバー) Ami Miyazaki (編集), Lance Wyman (序論)
ハードカバー『ピクトグラム&アイコングラフィックス〈2〉世界のユニバーサル・コミュニケーションデザイン実例集』

¥ 13,650

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

ぶっちゃけアイコンなんて要らなくね? ~究極のデスクトップを求めて

アイコンを小さい一覧リストで表示する『DesktopListView』

ネットブック向けなデカデカアイコンデスクトップ ~究極のデスクトップを探して

ドラッグ&ドロップしたイメージをアイコンに変えるフリーソフト『ToYcon』

アイコンをズバッと整理してくれるアプリ『Fences』

swiper-button-prev
swiper-button-next