特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ハナマサのモンゴル岩塩」=バスソルトと考えると、かなり割安

24時間営業の店舗が多い「肉のハナマサ」は、深夜の食材調達や、業務用の大容量食品、BBQやパーティの食材買出しにも重宝するお店。都心を中心に出店しているので、見たことある人も多いかと思います。

店内には一斗缶入りのごま油とか、1.85kgのツナ缶とか、2kgのボトルキムチとか、1kgのマーガリンなどなど「業務用サイズ」の食材が並んでいます。「業務用」というキーワードには、なぜか無駄にココロが惹かれてしまいがちですが、さすがに、賞味期限内に一人で食べきるのは難しいもの。買い物でストレス発散にはなるかもしれませんが、食べ過ぎて体調をくずしては元の木阿弥。

しかし、そんなハナマサ店内に、健康にもストレス解消にも使えて、賞味期限も気にしなくてOK、さらにメチャメチャリーズナブルなものがあります。それが写真の「モンゴル岩塩」。1kg入りのこちらのお値段は...。

1kgで198円

このお値段、食塩と比較するとそれほど差は感じられませんが、バスソルトと比較すると差は歴然。

500gで2380円

単価比較では実に24倍以上の差があります。こちらによると、一回の使用量は40gほど。1kg入りなら25回分ですね。

この岩塩をポチャンと湯船に入れて塩浴してみたところ、ぬるま湯にも関わらず発汗が活発になり、体が妙にポカポカ。冷房や夜の春雨で冷えてしまった体をあっためるのにかなりオススメです。当然個人差はありますし、いかんせん安い塩なので、過信は禁物ですが、ちょっと塩浴を試してみたい方には、ハナマサの岩塩がピッタリです。ジッパーつきで保管もラクです。

ハナマサにはいろんな種類の業務用サイズの塩があります(やっぱり安い)ので、違った種類の塩浴にもいいかもしれませんね。

(常山剛)

4837976824
春・夏・秋・冬「体を温めて」病気知らず!
実は冷房がツライ人にもどうぞ


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

「養命酒」=栄養ドリンクと考えると、かなり割安

中国茶のおいしい淹れ方

おいしく、男らしく? 肉を焼くために覚えておきたい10のこと

独身男性でもできる、小さなスペースでカンタン野菜づくり

セルフコントロールのためにアロマを利用してみよう

swiper-button-prev
swiper-button-next