特集
カテゴリー
タグ
メディア

ハウスワインをソーダ割りで飲む方法

暑い季節に近づき、キリっと冷えた白ワインが美味しい季節になりましたね。口当たりのよさにつられてグイグイ飲んでしまい、翌朝に二日酔いの悪夢が...なんてことはありませんか? ワインの飲みすぎを美味しく防ぐコツのご紹介です。

生活情報ブログ「Wise Bread」のライターElizabeth Sanbergさんは、アルゼンチンを旅行しているとき、ハウスワインを注文したそうです。すると、ワインとともに運ばれてきたのはソーダ水。周りをお客さんの様子を見てみると、ワイングラスに氷を入れ、ソーダ水を注ぎ、ワインと割っていたそうです。見よう見まねで彼女も試してみたところ「並のハウスワインがぐっと美味しくなった」んだとか。特に暑い季節にはシュワシュワなのどごしがグーだそうです。

ワインをそのまま飲むよりもアルコール度が低くなり、飲みすぎ防止になります。白ワインでも赤ワインでもOK。ソーダとワインの割合は1:3もしくは1:1くらいが目安だとのことですが、そのあたりはお好みでどうぞ。

Argentine Wine Hack: Make Bad Wine Better [Wise Bread]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)

B00004SAF4
VACUVIN バキュバン ストッパー2個付き V-20


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

お酒のレベルを下げずに、酒代を節約するには

金曜の夜を10倍楽しくする方法

ちょっと悪くなった赤ワインを再生させる方法

時間をかけずにワインをあける秘策、スライドテクニック(動画)

5月、それはビアカクテルの季節

swiper-button-prev
swiper-button-next