特集
カテゴリー
タグ
メディア

アウトドアでの野草摘みに使える知識

最近は、家庭菜園やガーデニングで栽培した野菜やハーブを食卓に取り入れるの人がずいぶん増えてきましたね。節約にもなるし、愛情と栄養たっぷりの野菜は美味しく食べられるもの。では、時には、農耕民族から狩猟民族に発想に転換し、自然の野草を摘んで食卓に添えてみるというのはいかがでしょう?

たくさん自生する野草やハーブのうち、毒性のあるものと食べられるものに見分けるのは、知識がないとなかなか難しいですね。ブログメディア「EcoSalon」では食べられる野草リストが掲載されていました。そのうちの5つをご紹介します。

ハコベ

星型の花をつけた雑草。葉と茎は生でも食べられる。カリウムが豊富。

090525edible_chickweed.jpgのサムネール画像

クレソン

水辺に生えていることが多い。その水源がきれいかどうか確かめよう。根元を切って冷水で洗えば生でも食べられる。

090525edible_watercress.jpgのサムネール画像

クローバー

種は食べられる。花を乾燥させればお茶として飲むこともできる。葉は生でも食べられるが、消化をよくするために塩水で浸すほうがよい。

090525edible_clover.jpgのサムネール画像

たんぽぽ

種、根 葉、花はすべて食べられる。

090525edible_dandelions.jpgのサムネール画像

シロザ

雑草と誤解されがちだが、食べられる上に栄養価が高い。葉と茎はほうれん草に似た味。

090525edible_macinate.jpgのサムネール画像

野たまねぎ

岩の崖や森などで生息している。においも味も市販のものと同様。外側を剥いて塩水でゆでれば食べられる。

090525edible_wild-onion.jpgのサムネール画像

「EcoSalon」の野草リストについてはこちらのページで詳しくご覧くださいね。

くれぐれも毒草にはご用心を。

Foraging For Food [EcoSalon]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)

4798022462
街でよく見かける雑草や野草のくらしがわかる本
たまにはちょっと地面に目を向けるのもいいかも


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

段ボール箱で薫製を作る

まとめ:夏に役立つライフハック10選

段ボールでピザを焼くDIY

グロースティックの意外なる実用性

超簡単!ガラス瓶を使ったアウトドア用ライト

UPDATE:誤植を修正しました。ご指摘コメントありがとうございます!
swiper-button-prev
swiper-button-next