特集
カテゴリー
タグ
メディア

使い勝手のいい最強タップの作り方

いったん作業スペースを確保するとそこが僕の今日の書斎。仕事の資料や手帳を広げ出すのですが、ついでにiPodやケータイなどのガジェットの充電がしたくなります。と、その時に問題なのがコンセントの位置。フリーアドレス制のオフィスと違って、自宅にはコンセントが手元にないことがほとんどです。そこで延長タップを手元に置こうと思うのですが、iPodなどのUSB充電に対応した、USB端子付きの延長タップってないんですよね...

ということで、市販品をカスタマイズして、シンプルで使い勝手いい、USB端子付きの延長タップを作ってみました。

必要なもの

組み合わせるとこんな風になります。

090524tap.jpg

この自作ACタップのメリット
  • ACとUSB端子が一体化されているのですっきりしている
  • 無印良品の延長ケーブル、コンセントが別売されているのでカスタマイズが可能
  • ACアダプタ、コードが脱着可能なので収納、モバイルの際に便利

延長コード、ACアダプタともにシンプルなデザインなので、ゴチャゴチャしがちなタップ回りもすっきりした感じがします。

サンワサプライ「CA-IP14W」は、AC端子とUSB端子が一体化していますので、本当のフリーアドレスのオフィスでも活躍してくれそうです。

なお、ACは気がつけばたこ足になりがち。充電の際には繋ぎすぎにご注意くださいね。

(ドサ健)

B001O05KF0
SANWA SUPPLY ACA-IP14W USB充電タップ型ACアダプタ ホワイト


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

みんなが身につけるべき100のDIYスキル

立って仕事ができるスタンディングデスクをDIY

静電気を寄せ付けないデスクにするDIY

段ボールでノートPCスタンドを手軽にお安くDIY

効率的なSOHOを実現するための3つの条件

swiper-button-prev
swiper-button-next