特集
カテゴリー
タグ
メディア

誰にも盗まれたくないものは "あえて"醜くしてみる

どうやったらカメラがこれだけ汚くなるんだ、と思いたくなるほど醜いカメラですよね。まさかこの醜い仮面の下に、ピカピカの新品カメラが隠れているなんて、誰も思わないことでしょう。

ブロガーのJimmieさんは、ブラジルを旅行中、貧困層のコミュニティでボランティアをしている時に、大事なカメラを盗まれてしまいました。そこで、Jimmieさんは考えました。「誰も盗みたくなくなるくらい、カメラを醜くしてみよう」と。そして、新しく買い直したカメラを、ご覧のように"あえて"醜く変装させたのです。

カメラを醜くした後は、カメラが盗まれないよう神経を尖らせる必要も無くなりました。旅の後半は、自由に写真を撮ることができて、最後までカメラは盗まれることはありませんでした。

私はブラジルで5,000枚以上の写真を撮ることができました。何人もの知り合いのグラフィティアーティストに付いて行って、こんな写真をたくさん撮ってきましたかなり危ない地区にもいくつか足を踏み入れましたが、その時もカメラを持って歩いていました。しかも、2度目に強盗に遭った時は、20ドルの携帯電話は盗まれたのに、カメラだけ盗まれずに残っていたのです。

実は、以前似たようなアイデアを紹介してるんですよね。その時は、自転車を盗まれないように醜くするという記事でした。ということは、盗まれそうなくらい魅力的なアイテムには、この発想は大体使えるような気がします。あなただったら、何を醜く変装させますか? もうやってるよという人は、Flickrの「Lifehacker Tip Testers Group」に投稿して、よかったら写真も見せてくださいね〜。

My Ugly Camera [Jimmies Project Journal via Make]

原文/訳:的野裕子)

4577033771
親子できたえる防犯力
--親子の会話が、防犯の第一歩!自分で考え、
自分で身を守る子どもを育てるために


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

HideTextは画像ファイルにテキストを埋め込むのです

常に最新状態であり続けるアンチウイルスソフト『Panda Cloud Antivirus』

大事なデータを取り戻してくれる5つのツール

新型インフルエンザ感染エリアマップと最新情報

ATMでスキミング被害に遭いやすい危険な場所と予防策

swiper-button-prev
swiper-button-next