特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows XPでUSBドライブをNTFSフォーマット

Windows XPのみ:すごい勢いで普及したUSBフラッシュドライブですが、これらは1ファイルのサイズ上限が4GBのFAT32フォーマットになっています。この制限を外しボリュームサイズ目一杯のファイルも作れるNTFSフォーマットに変換したい場合、ちょっとしたコツが必要になりますが、可能です。

Windows XPはドライブをNTFSファイルシステムにフォーマットする機能があるのですが、フォーマットダイアログを眺めていてもわかる類のものではないです。通常の場合、このオプションは無効化されているので、デバイスマネージャーからUSBドライブを見つけ、「プロパティ>ポリシー」タブから「パフォーマンスの最適化」を選択することによって有効化出来ます。

FormatNTFS2.png
キャッシュの書き込みを有効化すると、「ハードウェアの安全な取り外し」を使用してUSBドライブ取り外しを行わないと、データを破損してしまう恐れがありますので気を付けてください。NTFSフォーマットへの変換が終わったらキャッシュの書き込みをOFFにすることも可能です。

NTFSは容量が多く使え、暗号化、圧縮、許可などの選択肢が増える反面、Windows以外のシステムでは動きません。なのでNTFSかFAT32かの選択はいずれも一長一短かと。

NTFSフォーマットにする利点・欠点についてもっと調べたい方は下記のリンクをどうぞ。

How to format USB drive and memory stick with NTFS [Online Tech Tips]

Optimizing Your USB Drive [via Shell City]

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)

フラッシュ・メモリ・カードの徹底研究
フラッシュ・メモリ・カードの徹底研究
―カードとマイコンの接続技法からファイル・システムの移植まで

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

ファイルを1つコピーするだけでWindowsXPの再アクティベートを回避する術

『DropboxPortable』でサムドライブのファイルを同期化

ファイルを共有・販売までできる無料6GBオンラインストレージ

MacでもWindowsでも「Syncplicity」でファイル同期

PDF UnlockerでプロテクトされたPDFファイルからパスワードなしでコピペ(無料)

swiper-button-prev
swiper-button-next