特集
カテゴリー
タグ
メディア

シェフ直伝! レトルト缶で本格コース料理を作る方法

最近、コンビニ食材を活用したお試しレシピが、流行っていますね。お湯の代わりに牛乳をカップ麺に入れるなど、一見ありえない組み合わせが、意外に美味いこともあります。

その流れに追随して、今回は市販のレトルト缶を使った本格コース料理のレシピをご紹介。イギリスの一般紙「Guardian」のウェブ記事で、ロンドンのシェフYotam Ottolenghiさんが、コーン缶・牡蠣のスモーク缶・トマト缶・パイナップル缶を使ってコース料理を作る方法を教えてくれているんです。

オードブル : コーンのフリッター

小麦粉、卵とコーン缶と混ぜ合わせ、植物油で揚げる。たまねぎや緑チリのみじん切りを加えてもグー。

メイン : シェルパスタのスモーク牡蠣ソースがけ

オリーブオイルでホワイトオニオンのみじん切りを炒める。

香りが出たら、切ったトマト缶を投入して、弱火で10~15分加熱。

最後に、牡蠣のスモークを入れ、トマトソースとよく和える。

シェル型のパスタにかければ出来上がり。あれば、彩りにハーブをどうぞ。

デザート : パイナップルのデザート

グリルを5分程度予熱したら、パイナップルをクッキングシートに並べ、黒砂糖を上からかけ、グリルに入れる。

黒砂糖がキャラメル状にいい感じでこげたら、火から下ろす。

デザート皿に盛り付け、サワークリームやナッツでトッピング。

いかがでしたか? いずれも日本でも簡単に入手できる缶詰ですので、お試しくださいね。

また、Ottolenghiさんのお試しレシピは、グルメブログメディア「Claire Sellers at the Serious Eats」でも、レトルト缶を使ったコーンチャウダー、クラブケーキ、梨のスイーツなどの作り方が紹介されています。

あわせて一度こちらもチェックしてみてください。

Yotam Ottolenghi's three-course dinner in just four tins [The Guardian]

Five Star Meals in Just Four Cans [Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

 缶詰でおいしいレシピ―手軽にできるごちそうメニューいろいろ (単行本) 谷島 せい子 (著)
単行本『缶詰でおいしいレシピ

―手軽にできるごちそうメニューいろいろ』

缶詰クッキングの常識を変える、アイディアレシピ89。

おいしい方程式つき。

谷島 せい子 (著) ¥ 1,470

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

5つの材料で作る、電気鍋の超簡単レシピ

こねる必要なし!簡単ピザ生地の作り方

朝食に、安くて美味しいブリトーを手作りしよう!

プロ級のチキン・スープストックの作り方

「ご飯の友」をつくろう! 鮭フレーク編

swiper-button-prev
swiper-button-next