特集
カテゴリー
タグ
メディア

「日当払い方式」でお財布を簡単管理

「日当払い方式」でお財布を簡単管理
Photo by chrisdlugosz.

泊まりの出張などに行くと、日当が支給されるからか自然とその金額の範囲内で行動しようと心がけたりしませんか? この考え方を、普段の生活にも取り入れると、簡単に支出コントロールができるんですよ。

ファイナンスブログ「Get Rich Slowly」では、シンプルな支出コントロールの方法として、1日に使う現金を予め決め、その範囲内でお金を使うという「日当払い方式」を提案しています。やり方は極めてシンプル。

まずは、家賃や光熱費・食費・通信費などの固定費貯蓄(手取り金額の8%が目安)、航空券やイベントチケットなどの特別支出(あれば)にわけ、その他のお金をすべて銀行口座から引き出します。この現金を日数で割り、一日分ずつ封筒などに小分けにすれば準備OK。毎朝、出かけるときに封筒から現金を財布に移し、一日ごとに使っていきます。

最初に費目に分けることで必要経費が既に別管理されているので、お金を使うこと自体にあまり神経質にならなくてもいいですし、都度、現金払いをするので、使いすぎを避けることができます。慣れるまでは若干面倒ですが、小分けにする作業や、一日づつ財布に移す行動が、心理的には重要なプロセスだそうですよ。

平日の金額は少なめに、週末は多めに予算化してもいいですね。

Adam Pash(原文 /松岡由希子)

20代、お金と仕事について
20代、お金と仕事について今こそ
真剣に考えないとヤバイですよ!

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

食費を25%節約する方法

100年に1度の経済危機に生き残る「節約法」10選

生活費を少しでも節約する簡単な方法

相乗り相手を探してタクシー代を節約できる「タクトモ.com」

お酒のレベルを下げずに、酒代を節約するには

swiper-button-prev
swiper-button-next