特集
カテゴリー
タグ
メディア

余剰時間に適したサイドビジネスとは

Photo by Scoro.

景気回復にはまだ時間がかかりそうな情勢。

いまだ、所定労働時間の短縮や一時帰休を実施する企業も多いようです。「以前よりも自由な時間は増えたけれど、その分、収入も減っちゃって...」となると、サイドビジネスは有効な手段のひとつかもしれません。

ファイナンス情報ブログ「The Simple Dollar」では、サラリーマンが余剰時間に取り組みやすいサイドビジネスとして、以下の仕事を含め、50職種を紹介。いずれも、特段の初期投資が必要なくひとりで自宅ででも気軽に始められるものばかりですね。

・ コンピュータのトラブルシューティング

・ ウェブデザイン

・ スポーツインストラクター

・ 手芸(編み物、ジュエリーデザイン、裁縫、キルトなど)

・ ペットグルーミング

・ 庭の手入れサービス

・ 自家栽培野菜の販売

・ 塾講師

・ アンティークの修理

・ ベビーシッター

いかがでしたか?

最初からがっつり稼ぐことを考えすぎずに、まずは「趣味と実益を兼ねてやってみよう」くらいのスタンスで始めてみるほうが、長続きしていいかもしれません。

ただし、くれぐれも、勤務先の副業規定については、事前に確認しておいてくださいね。

50 Side Businesses You Can Start On Your Own [The Simple Dollar]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

「福業」
「福業」のススメ
「副業」ならぬ「福業」とはこれいかに?

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

借金返済に効く「スノーフレーク方式」とは

生活費を少しでも節約する簡単な方法

有利な条件をゲットするための10の交渉術

不況対策として、目標をもってお金を貯めよう

携帯とGoogle Docsで、超簡単に支出管理

swiper-button-prev
swiper-button-next