特集
カテゴリー
タグ
メディア

ちょっとした電気代はペットボトルで原始的に節約

ガレージや物置小屋のような、窓が無くて薄暗い場所だと、昼間でも電気を点けることがあると思います。そんな、ちょっともったいない電気は、原始的なアイデアで節約してみましょう。

まずはこちらのムービーをご覧あれ。ブラジルの片田舎の皆さんが、水とボトルを使って、驚くほどお手軽に電気代を節約しています。

【準備するもの】

・水

・2リットルの透明なボトル

・ボトルのふた

・フィルムケース

作り方は超簡単

(1)ボトルに水を入れる

(2)ふたとフィルムケースを装着

(3)屋根に差し込む

以上

こーんな簡単な方法なら、思わず試してみたくなります(2:00ごろあたりの「実験」は必見)。

が、このライトの最大の難関は、屋根に穴を開けられるかどうかだと思います。だから、ガレージとか物置小屋みたいな、屋根が薄そうな場所に限られてしまうのでしょう。

それから、このライトは昼間しか使えないという明らかな欠点もあります。でも、ムービーの中のおばちゃん曰く「雨の日もちゃんと明るい」そうですから、普通の電気のライトと併用して、夜だけ電気を使えばいいだけです。

これが家中に使えたら電気代が相当安くなるのに...と思わずにはいられませんが、そこはまぁ潔くあきらめるとして、まずは、屋根が薄くて昼間でも明かりが必要な場所で試してみてください。

Lights made from water bottles [Make]

原文/訳:的野裕子)

東芝 ネオボールZリアル 電球形蛍光ランプ 電球60ワットタイプ
東芝 ネオボールZリアル
電球形蛍光ランプ 電球60ワットタイプ 昼白色

天井に穴を空けるより手軽に節電

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

ミニバイクライトをDIYする件について

古い窓を使って、小さい温室をDIY

コンタクトケースで化粧水などを持ち歩こう!

使うほどにエコに貢献できる名刺

どれだけ水を消費しているか一目瞭然のチャート

swiper-button-prev
swiper-button-next