特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Launchy」からリマインダーを自分に向けてメール送信

「Launchy」から自分にメールを送信するギークな方法を読者Ryanが記事にしていました。リマインダーを送信したりするにはかなり便利なトリックですよ!

このハックを行うためにRyan氏はVisual Basic Script(VBS)ファイルを作成。これによってGmailのSMTPサーバ経由でメールが送信されるのです。メールアドレスはコード内に組み込まれているのですが、件名は「Launchy」から直接入力可能。このワザを使ってみたい、というあなたのためにそのVBSファイルを公開しちゃいますので、新規の*.vsbファイルを作成して、以下のソースをペロッと貼りつけて下さい。大文字で書いてあるところの部分は自分で変更してくださいね。

Set iMsg = CreateObject("CDO.Message")

Set iConf = CreateObject("CDO.Configuration")

Set Flds = iConf.Fields

schema = "http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/"

Flds.Item(schema & "sendusing") = 2

Flds.Item(schema & "smtpserver") = "smtp.gmail.com"

Flds.Item(schema & "smtpserverport") = 465

Flds.Item(schema & "smtpauthenticate") = 1

Flds.Item(schema & "sendusername") = "MYACCOUNT"

Flds.Item(schema & "sendpassword") = "PASSWORD"

Flds.Item(schema & "smtpusessl") = 1

Flds.Update

With iMsg

.To = "EMAILADDRESS"

.From = "NAME "

.Subject = wscript.arguments.item(0)

.HTMLBody = message

.Sender = " "

.Organization = " "

.ReplyTo = " "

Set .Configuration = iConf

SendEmailGmail = .Send

End With

set iMsg = nothing

set iConf = nothing

set Flds = nothing

さて、これでスクリプトは完成。次に「Launchy」のPluginsタブをオプションパネルから開き、スクリプトを指定する新規Runnerコマンドを作成。ここでのポイントはArguments項目の部分に「"$$"」を使用すること(引用符「"」は重要ですよ)。

090406SendEmailToMe2.JPG

この例ではコマンドとして「"tome"」が使われているので、「Launchy」に「"tome"」と入力、タブキーを押し、メールの件名を入力。ここまでの作業が上手くいっていたら同じ件名のメールがGmailアカウントに届いているはずです。

090406SendEmailToMe3.JPG

このTipsは自分宛にメールする以外にも応用できます。例えば、スクリプトのコピーを作成しTo項目を調整すればRemember the Milkやその他のサービスへメールを送信し、連動させることも可能。LH質問箱:RTMにメールで転送したタスクを特定のリストに追加するには?あたりの記事と連動を図るとかなり使えそうです!Thanks, Ryan!

ウェブブラウザを使うほうが性に合う、という方なら「Launchy」からGmailの新規メールウィンドウを直接立ち上げる方法(英語)、を読んで見て下さい。

Launchy」関連情報をもっと知りたい方はこれとかも読んで見てください。「Launchy」そのものについてはこちらの日本語解説もご参照あれ

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

究極のデスクトップを求めて ~ウィジット&ランチャー

『GNOME Do』 「Docky」 = 無敵のアプリ起動バッテリー

使えるプラグイン増量中! 直感的にDockから使える『GNOME Do 0.8』

米lifehacker読者おすすめ、デスクトップカスタマイズツール5選

背高のっぽのタスクバーでクイック起動を整理整頓

UPDATE:リンク抜けの箇所を修正しました。ご指摘コメントありがとうございます!

swiper-button-prev
swiper-button-next