特集
カテゴリー
タグ
メディア

雨どいを使って省スペースな家庭菜園をDIY

緑のある生活は、それだけで気分が癒されます。

その上、土をいじったり、植物に水をあげたりすることで、ストレス解消にもなりますしね。「でも、やってみたいけど、植える場所が...」という人に、省スペースで実現できるガーデニング方法をご紹介しましょう。

アラスカのニュースサイト「Juneau Empire」では、雨どいを活用した家庭菜園のやり方を掲載しています。筆者Suzanne Forslingさんは、アラスカの氷河の近くに在住。その土地の土壌は冷たく作物が育ちづらい上に、大きな木々のおかげで日当たりもよくないそう。そこで、日当たりのよい場所で家庭菜園をやる方法として、家の壁についている雨どいを使うことを思いついたんだとか。

プランター代わりに、近所のホームセンターで20フィート(6メートル)程度のプラスチックの溝を購入。余分な水が流れるよう、溝に無数の小さな穴を空けた上で、土(このケースでは「Miracle Grow Garden Soil」を使用)と肥料を詰めました。

レタス・ラディッシュ・ねぎ・チューリップなどを植えたところ、元気に育ったそうです。ちなみに、水やりのときは、プランターになっている溝の部分だけに注ぐようにして、家の壁をできるだけ濡らさないようにする方がよいとのこと。

特に、都市部の狭小住宅などで家庭菜園やガーデニングを楽しみたいときに、活用できそうなアイデアですね。詳しい方法は、こちらの記事でぜひどうぞ。

How does your garden grow? [Juneau Empire via Make]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

 一坪家庭菜園―狭い庭でもここまでできる (単行本) 藤田 智 (著)
単行本『一坪家庭菜園―狭い庭でもここまでできる』

藤田 智 (著) ¥ 1,575

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

エアコンの結露で水まきする菜園をDIY

家庭菜園を成功させるために、今から準備を始めよう

コンテナ型の自動水やりプランターをDIY

30センチ四方の箱で45キロのジャガイモを作れる!

今すぐできる!エコ&省エネの方法

swiper-button-prev
swiper-button-next