特集
カテゴリー
タグ
メディア

コンテナ型の自動水やりプランターをDIY

ガーデニングを趣味にしているシリコンバレーの経営者・Ray Newsteadさんは、市販のストレージコンテナとメッシュバスケットを活用し、自動水やり機能の付いたプランター「EarthTainer」を作りました。

090407tomatoplanter2.png
仕組みは右図のとおり。

必要なものは

  • ストレージコンテナ
  • コンテナの3分の1くらいの大きさのメッシュバスケット
  • プラスチックの筒

メッシュバスケットに土と苗を植え、コンテナの底に置きます。コンテナの残りの空間は貯水庫。地上に伸びるプラスチックの筒は、底の貯水庫につながっており、ここから水を注げば、水が蓄えられます。

このプランタは、毛細血管現象で水を下から吸い上げる方式を採用。ろうそくが燃えるとロウが融解し芯に吸い取られるように、バスケットの土に浸み込んだ貯水庫の水を必要な分だけ、植物が根から吸い上げるのです。

このプランターだと植物栽培に場所をとりませんし、移動もカンタン。マンションのベランダでも使えます。ちなみに、10ガロン(約37.85リットル)の水で、4~5日程度大丈夫だそうですので、短期間の旅行だったら、せっかく栽培している植物を枯らさずに済みますね。

詳しい作り方は、こちらの動画でどうぞ。

The Earth Trainer [via A Whole Lotta Nothing]

Jason Fitzpatrick(原文/松岡由希子)

男のガーデニング入門
男のガーデニング入門(新書)

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

スペース不足に対抗するガーデニング入門

壁掛け式プランターで庭が無くても緑は育つ

簡単&リーズナブル!自動水やり機の作り方

自動水やり機能付植木鉢の作り方

家庭菜園を成功させるために、今から準備を始めよう

swiper-button-prev
swiper-button-next