特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Vista Services Optimizer』なら複数のプロフィールを作成しリソース管理

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows Vistaのみ: システム改良ユティリティ『Vista Service Optimizer』はシステムチューニング設定を、簡単にトグルできる複数のプロファイルを作成してくれるVista最適化ツール。システムのメモリの一部をもっとちゃんと活用したい場合なんかに、他の設定を変えずに使えるので便利です。

アプリ自体は他のシステム改良ツール、例えば『Ultimate Windows Tweaker』などと同じような操作性になっています。隠れWindows設定不要なコンポーネントを無効にするオプションなどもあり、その中でもちょいと気になるのがチューニング調整を有効化・無効化するプロフィールを作成する機能。リソースを結構喰ってしまうゲームなどをやる前に、これで不要な機能をOFFにしておくと快適に楽しめ、これらをまたONにするのも簡単なので、こういう使い方にはかなり◎。

Vista Service Optimizer』はオープンソースなフリーツール。その名が示す通りVista用です。PCのスピード性を何よりも重視するのであれば、Windowsのパフォーマンスを向上させると噂の都市伝説RAMを追加パソコンの大掃除の3本辺りを読んで見て下さい。

Vista Services Optimizer

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

「LastPass」でパスワードを一括オンライン管理!(フリーソフト)

『Virtual Volumes View』でバックアップデータをインデックス管理(フリーソフト)

PDCAをデスクトップで軽快に管理できる『PDCAデスクトップ付箋』(無料)

ファイル管理セッションまでも保存してくれる『Cubic Explorer』(無料)

今年の抱負、まだ覚えてますか?

swiper-button-prev
swiper-button-next