特集
カテゴリー
タグ
メディア

URLをとことん短くするサービス「Tinywarro.ws」

一体どれくらい短くなるのか、LifehackerのURL 「http://lifehacker.com」を使って試してみました。


TinyURLの場合:http://tinyurl.com/3yw6ew

Tinywarro.wsの場合:http://➡.ws/투

Tinywarro.ws」を使った方が12文字短くなります。「Tinywarro.ws」は他のURL縮小サービスで使われた英数文字列を、1つのUnicode文字に置き換えているので、ここまで短くできるのです。Unicodeは世界中の言語がコンピュータプラットフォーム上で共通に使えるように開発されたものなので、ラテン文字をベースに作られておらず、被らずに使えるユニークな文字が約10万もあるのです。

ただし、限界までURLを短くした結果、使われている文字が「発情した亀」みたいな変な意味や、妙な隠語だったりするかもしれないのでお気をつけて。

Tinywarro.ws」で作成したURLをクリックすると、安心してブラウジングできるように、本当のURLが表記してあるリダイレクトページに転送されます。また、このサービスはサインアップ無しで、無料で利用できます。Google Mapの特定の場所とか、日本語版ウィキペディアのページを、誰かにメールで教える時なんかに使えそうですね。

Tinnyarro.ws [via Download Squad]

原文/訳:mato)

【関連記事】

ジャンプ先の安全性を教えてくれるURL短縮サービス「SHUURL」

Firefoxのパワーを増強させる、試作中アドオン4選

携帯から送ったように見せて、メールの文章を短くしちゃおう

ショートカットでWindowsを終了できる『Shutdown Suite』(無料 )

一日の終わり、いい気分で家に帰るためのテクニック10選

swiper-button-prev
swiper-button-next