特集
カテゴリー
タグ
メディア

未経験の材料で、おいしいカクテルを作るコツ

プレゼントかなにかで、思いがけずカクテルの材料が手に入ったとしましょう。でも、いくつかのレシピを知っていていても、その材料については詳しくない...。今回は、そんなときのためのハックです。

ポール・クラークさんは、フードブログ「Serious Eats」で、このようなことを指摘しています。おいしいカクテルのほとんどは、基本的な比率は変わらない。だから、スタンダードとはいえないカクテルを作るときでも、その比率に従えば、かなり上出来なものを作ることができると。

たとえば、マルガリータやサイドカーのような、サワースタイルで甘めのリキュールを使ったカクテルは、どれだけ甘味が好きか、酸味が好きかによりますが、たいてい2:1:1または3:2:1というスピリッツ:リキュール:柑橘類比率に落ち着きます。

そこで、あなたの好きな比率を憶えておくといいのです。そうすれば、ブランディの代わりにラム、コアントローの代わりにアプリコットリキュールというふうに、異なる材料を使ってカクテルを作るときにも、その比率を当てはめることができるのです。

確かに作る量などによって、多少の調整は必要かもしれません。でも、そのバランスに従っている限り、落ち着いて、カクテルを楽しむことができるのです。

記事で彼は、さらに他の比率の詳細やその公式を使った結果、どれほど素晴らしい効果を得たかを述べています。興味のある方は、以下ネタ元リンクにて確認してみてください。

もし、カクテルについて、他のトリックをご存じの方は、ぜひともコメント欄にて、共有をお願いします!

Serious Cocktails: Applied Math [Serious Eats]

Jason Fitzpatrick(原文/オサダシン)

【関連記事】

ウォッカベースのキャンディカクテルを作ろう

お酒のレベルを下げずに、酒代を節約するには

ウォッカを使えばバンドエイドを剥がすとき痛くない

「養命酒」=栄養ドリンクと考えると、かなり割安

時間をかけずにワインをあける秘策、スライドテクニック(動画)

swiper-button-prev
swiper-button-next