特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ご飯の友」をつくろう! なめたけ編

みんな大好き「ご飯の友」系アイテムの作り方第3弾はトロトロおいしいなめたけ編です。さて、まずは海苔の佃煮編へいただいたコメントをご覧ください。

のりをえのきに変えたらなめ茸ができますね。 by Two-who さん

そうです。そうなんです。正直、先回りされてドキリとしましたが、そのとおりなんです。多少味の加減をすれば、だいたい海苔の佃煮と同じ手順で出来ちゃいます。でも、せっかくの自家製。気ままにアレンジしちゃいましょう。正確には「なめたけ」とはエノキ茸の別名ですが、でも「ご飯の友」の友だちは友だち。なめたけにエノキ以外のキノコが入ってたって問題ないですよね?

アレンジなめ茸の基本材料は

  • キノコ .....エノキを中心にシメジ、椎茸、舞茸などお好み
  • 醤油 ......大2くらい
  • 酒 ......大2くらい
  • みりん ......大2くらい

調味料はキノコの量&お好みに合わせて加減して。味に深みを出したい場合は、出汁や昆布茶などを加えてもいいですね。作り方も本当にシンプル。3ステップ10分足らずで出来ちゃいますよ。

  1. キノコたちの石突き(根本)を切る。食べやすい大きさに切る。
  2. キノコと調味料を鍋に投入。
  3. 3〜5分くらい煮てしんなりさせて、出来上がり!

調理のポイントはキノコを洗わないこと! 香りや旨味が落ちてしまいます。どうしても気になる人はキッチンペーパーで拭くなど、ピーコックストアさんのサイトで紹介されているキノコに合わせた洗い方を参考にして。

できあがった自家製なめたけは、冷蔵庫で1週間くらいはもちますが、きっとその前に食べきってしまうでしょう。スーパーで買うよりおいしいホームメイド・ご飯の友をぜひ!

(eccentrics)

【関連記事】

アメリカに昔から伝わる、料理の知恵25

「ご飯の友」をつくろう! 海苔の佃煮編

「ご飯の友」をつくろう! 鮭フレーク編

朝食に、安くて美味しいブリトーを手作りしよう!

キャベツを毎日食べたくなるキッチンアイテム

swiper-button-prev
swiper-button-next