特集
カテゴリー
タグ
メディア

大切なワインを開ける「Open That Bottle Night」という考え方

Photo by Hans Vink.

ご存じでしたか? 2月28日は「Open That Bottle Night」。「みんながワインを集めて、保管ばかりしている」ことを憂いた2人のワイン鑑定人が、「ボトルをあけよう」と呼びかけることで始まった、年に1度のワインのボトルを開けるための日だったんです。

10周年になる今年の「Open That Bottle Night」も2月28日におこなわれました。発起人は「Wall Street Journal」で料理とワインのコラムを書いていたドロシー・ゲイタージョン・ブレッチャー。2人のもとには、ワインに関する質問の手紙が何千通も寄せられていましたが、その多くが「いつ○○の銘柄のワインを飲むのがよいか?」というものだったそうです。

今月、サンフランシスコ在住のリー・ハンソンさんはこんなことを書いています。

「私たちは何年もかけて、たくさんワインのボトルを贈られてきましたが、その多くが特別なときのためにと長く保管しすぎて、今飲んでみるとちょっと微妙な味になっています」

生産、保管、ワインの貯蔵年数は非常に大切なものかもしれませんが、楽しんで飲まないと、製造元のワイン畑にも失礼です。どうやってワインを選ぶかについては、こんな提案が寄せられています。

このイベントでは、必ずしも「最高の」ワイン、感動するようなワインを選ぶ必要はありません。それよりも、あなたにとって一番意味のある「こういう機会がないと開けないだろうな」というワインを選んでください。メリーランド州のチェビーチェイス在住のダグ&セリア・キャメローさんは初めての「Open That Bottle Night」のパーティーの招待状に、以前のコラムからの引用を使いました。

「大事なのは素晴しいボトルを開けることではなく、素敵な思い出がつまっていて、こういう機会がないとあけないようなボトルを開けることです」

090303wine2.jpg

Photo by dittaeva.

米lifehacker編集部のジェーソン・フィッツパトリック記者は、カリフォルニア州レイヴェンズウッドのワインを開けたとのこと。その理由は、やはり「今まであける理由が見つけられないまま、ほこりをかぶっていたから」だそうですよ。

ワインと「Open That Bottle Night」についてより詳しくは、下記のネタもとをチェックしてください。日本でも今から自分たちで「Open That Bottle Night」を設定して、パーティーをおこなっても楽しそうですし、来年からは、ぜひ同じ日に、この習慣を試してみたいですね。

Corkscrews Up! Time to Open That Bottle [via YumSugar]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

ちょっと悪くなった赤ワインを再生させる方法

レストランみたいに布でワインを包む方法

時間をかけずにワインをあける秘策、スライドテクニック(動画)

栓抜きを使わずに、ワインを開ける方法

寒い夜にオススメ、ホットビールの作り方

swiper-button-prev
swiper-button-next