特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google翻訳でWeb上のテキストやPDFを、まとめて訳す方法

もう、ポルトガル語やオランダ語の文章をコピぺして、Google言語ツールで訳す必要はありません! その理由はGoogleの無料サービスで、URLを入れれば、まとめてPDFや書類のファイルを訳せるようになりました。従来のようにURLを入力して「翻訳」をクリックすると元のHTMLファイルのテキスト部分が翻訳。また、WEB上に置かれたPDFファイル等のURLを入れても翻訳されてブラウザに表示されます。

090310gt01.JPG

このGoogle翻訳の無料サービスでは、訳したいファイルがGoogleの検索のサーバーに載っていても、載っていなくても、その文書のリンクを貼り付ければ、GoogleがそれをHTMLに変換して、訳を表示してくれます。ただ、訳す時にはその言語が何語なのか、最初に知っておく必要があります

また、「Google Operating System」のアレックスさんは、

訳そうとしたPDFのうち実際に訳されたのは最初の9ページだけだった

と書いています。でも、そんなに長くない技術系の文書などを訳す場合は、速くて、おおむね読みやすい訳が出てくると思います。なお、日本語から英語、英語から日本語への訳も可能です。

Google Translate - Text and Web [via Google Operating System]

Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

Google翻訳を改良した「Nice Translator」

Google翻訳よりワンステップ早く操作できる、オンライン翻訳アプリ「Frengly」

アドリブ俳優に学ぶ「より素早く、より効率よく」考える方法

スペルミスの多い英単語、TOP25

相手がイラつく英語の言い回し30

swiper-button-prev
swiper-button-next