特集
カテゴリー
タグ
メディア

Gmailのラベルをアイコンで分類する方法

先日アップした記事「URLをとことん短くするサービス『tinyarro.ws』」にヒントを得た読者のDavidさん。Unicode文字アイコンのように使って、Gmailのラベルをカスタマイズする方法を考えてくれました。

Unicodeを使うと、「Folders4Gmail」のようにスクリプトをいじらなくても、ラベルの内容が一目で分かるように分類できます。

今、僕が使っているGmailのラベルはこんな感じです。(上記スクリーンショット参照)

例えば

▶ : メインカテゴリー(金融情報、SNSなど)

✉ : Gmail以外のメールアカウント

✦ : 友だちからのメール

❤ : 女の子からのメール

➡ : 一方的なお知らせメール

他にも、使えそうな遊べる文字はたくさんありますよ。

✖ ✔ ✸ ● ■

◢ ◣ ◤ ◥

◧ ◨ ◩ ◪

▲ ▼ ▶ ◀

♂ ♀ ♪ ♫ ☼

文字を選ぶ時は、WikipediaのUnicodeを参考にしています。

分類の目的は、簡単に覚えられること。友だちからのメールに✦(U 2726) を選んだのは、女の子からのメール❤(U 2764)のすぐ上にくるからです。

僕はGmail TaskのリストにもUnicodeの記号を使っているんですよ。メインのリストには➡を使って(➡メイン)、その下にそれ以外のリストをプレーンテキストで入れてるんです。

うん、分かりやすくていい感じですね。Davidさん、情報ありがとう!

原文/訳:的野裕子)

【関連記事】

URLをとことん短くするサービス「Tinywarro.ws」

Gmail、新しいラベル機能の使い方

ソフトウエアのシリアル番号をGmailで管理しよう

GTD初心者に贈る、「GmailのToDoリスト」の使い方

Gmailの知られざる便利な機能10選

swiper-button-prev
swiper-button-next