特集
カテゴリー
タグ
メディア

EnigmaデスクトップでiTunesのNow Playing機能を使う方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
※ 画像クリックで拡大

読者のBrettさんが『Enigma』デスクトップ上にiTunesで再生中の曲を表示させる方法を教えてくれたのでご紹介します! 『Enigma』ファンにはかなり便利な改良かも知れませんね。

『Rainmeter』は初期状態でiTunesをサポートしないので、Brettさんは、なかば無理矢理な方法で再生中の曲の情報を表示させる方法を思いつきました。それはローカルウェブサーバから情報を『Rainmeter』に取得させる、というもの。ステップ的には2段階しかないのですが、このステップを理解するにはいわゆる「オタク手袋」をはめて作業に挑む覚悟が必要かも知れませんが。

1. IISを有効化する - まず最初にInternet Information Servicesが必要です。これはローカルコンピュータのウェブサーバとして機能します。ProfessionalまたはBusinessエディションのWindowsがお手元にない場合はApacheなどその他のウェブサーバが必要となります。

2. 「Now Playing」プラグインをインストール - iTunesから正しい情報を引き出し、『Rainmeter』の「WebParser.dll」と合わせるためのパッチが必要です。Brandon Fullerがそれ用のアプリを作っているのですが、このプラグインはシェアウェアとなってます。アクティベートされていない状態ではそれぞれのセッションでiTunesから再生される最初の5曲のみが取り込まれます。

3. プラグインの設定 - ファイルを適切に設定するにはXMLファイルがIIS用のホームディレトリであるC:\Inetpub\wwwroot\ のフォルダに出力されるようにプラグインを設定する必要があります。この設定によりiTunesで今再生している曲の情報が http://localhost/now_playing.xml から取得できるようになります。

4. 『Rainmeter』設定を追加 - この設定から最後に『Rainmeter』に新しいメーターを追加し、デスクトップの好きな位置に配置します。

やっちまったぜ、的な設定でこんなもの作っちゃいました、というのがあればぜひコメントで教えて下さい! Great work, Brett!

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

Linuxでも使えるようになったEnigmaデスクトップをご覧あれ

リニューアルされたEnigmaデスクトップのカスタマイズパッケージを入手せよ

2009年~新たな究極のデスクトップを求める旅の始まりに向けて

「 10-Foot HUD」で『Rainmeter』をカスタマイズ

米lifehacker読者おすすめ、デスクトップカスタマイズツール5選

swiper-button-prev
swiper-button-next