特集
カテゴリー
タグ
メディア

ワインのコルク栓で便利なコルクボードをDIY

先ほどお伝えしたように、2月28日は「Open That Bottle Night」といって、年に1度の特別なワインのボトルを開ける日でした。なのでアメリカでは、たくさんコルク栓が抜かれたみたいですね。で、それを捨てずに便利なコルクボードを作ってみようという提案です。

飲み終わったワインのコルク栓を使って、かっこいいボードを作る方法が載っているのは、ブログ「Apartment Therapy」。必要なのは、手のこぎり接着剤コルク(作りたいものの大きさによりますが50~100個くらい必要)と、そして額にぴったりのサイズの木の板のみ(ただし、飲んだワインの値段は含みませんが...)。額は、フリマやアンティークショップなどで探してくると、面白くて安いものが手に入れられると思います(もしかしたらコルク栓もここで売っているかもしれません)。

ちなみに、このサイトのコメントの1つにいい提案がありました。それは、コルクを縦に半分に切ること。そうするとちょうどよい厚みになるし、半分の量で出来るのでいいですね。詳しい作り方はネタ元へ!

How To: Make a Bulletin Board from Wine Corks [Apartment Therapy]

Jason Fitzpatrick(原文 /訳:阿久津美穂)

【関連記事】

大切なワインを開ける「Open That Bottle Night」という考え方

シャンパンのコルク栓で椅子を作ろう

栓抜きを使わずに、ワインを開ける方法

時間をかけずにワインをあける秘策、スライドテクニック(動画)

70ドル以下でホワイトボードをDIY

swiper-button-prev
swiper-button-next