特集
カテゴリー
タグ
メディア

OSの若かりし姿を観るのも悪くない

  • カテゴリー:
  • TOOL

いつも使っているWindowsMac OSの若かりし頃は、どんなファッションだったんだろう?なんて思ったことはありませんか?

Webdesigner Depotで「Operating System Interface Design Between 1981-2009」として、OSのユーザーインタフェースデザイン史を観ることができます。

サイトでは、オールドファッションのXerox AltoからモードファッションのKDE v4.0までがスクリーンショット付きで紹介されています。インタフェースデザインは、その時代のグラフィック処理能力が関係しているのか、トレンドのような物がありますが、デザインは普遍的な部分もあり、時代を超えて引き継がれている部分が見られ、なかなか興味深いサイトです。

ちなみに、私が使ったことがあるのは、Windowsならば3.1から。

Mac OSならば、System 6からMac OS Xまで、他には、NeXTSTEP, BeOSです。BeOSは、リテールのパッケージを購入して、当時使っていたマシンにインストールして、レスポンスの良さに驚いた記憶があります。

強者揃いのライフハッカー読者の皆さんも、このサイトを観て蘇った思い出やエピソード等があれば、是非、コメント下さい。

Operating System Interface Design Between 1981-2009 [Webdesigner Depot]

(傍島康雄)

なぜ動くのか
Windowsはなぜ動くのか

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

フォクすけで学ぶ、Webブラウザ発展の歴史

【アンケート】携帯OS戦争勃発直前! あなたならどのOSを選ぶ?

有名人から学ぶ、仕事で生産性をあげるコツとは?

Linuxに今必要なのは美しい見映えなのか?

ブラウザのスピードテスト:Safari 4 βの実力はいかに?

swiper-button-prev
swiper-button-next