特集
カテゴリー
タグ
メディア

Snow Leopard搭載MacBookには、位置情報取得機能が付く?

次期Mac OS X Snow LeopardにはCoreLocationフレームワークが搭載されるとか。

CoreLocationフレームワークは、iPhoneで使われている、GPSから位置情報を示してくれるものですが、MacBookに搭載されるのではと噂されているCoreLocationではWi-Fiから情報を取得するそうです。

Wi-Fiから取得するというとGPSよりも精度が劣る気がしてしまうんですが、GPSと同等に機能するみたいですね。CoreLocationによってSnow Leopardでは何ができるのか。アップルがどんなアイディアを出してくるのか楽しみです!

Apple's Snow Leopard to include location, multi-touch tools [AppleInsider via Gizmodo]

Adam Pash(原文/大野恭希)

【関連記事】

『Hyperspaces』でLeopardのSpacesをスーパーチャージ(無料)

Leopard風なStacksをWindows上で実現する『StandaloneStack』

2008年のフリーソフト番付(Mac編)

iChatみたいな面白いことができる「ManyCam」

知っていると便利かも知れないOS Xショートカット集

swiper-button-prev
swiper-button-next