特集
カテゴリー
タグ
メディア

朝食に、安くて美味しいブリトーを手作りしよう!

トレントさんは、週末にトルティーヤの皮(輸入食品店などで購入できます。または手作りしても)にサルサをいれて巻き、それをサランラップでしっかり包みました。材料はサルサもラップも、トルティーヤも全て購入したのですが、1個あたりにかかったお金はたった75セント(約73円)。それに、中身は好みの具を入れられます。選ぶ具によって、もっと安くすることも可能です!

作り方は簡単。

  1. 卵を混ぜてフライパンの上でスクランブルエッグ状にする
  2. 固まってきたら、その中に豆を入れて具を作る
  3. トルティーヤの皮の上にその具とサルサソースをのせて巻く
  4. それをサランラップで包み、冷凍しておく

これを毎朝取り出し、サランラップをとって、代わりにペーパータオルでくるんで電子レンジで加熱します。詳しくは写真つきで解説してあるネタ元も読んでください。

この中身については、いろいろ工夫ができます。このWikipediaの文章を参考にしてみましょう。

アメリカの朝食は、トルティーヤの中にとうがらしと一緒に入れられます。例えば南西部の朝食風のブリトーなら、スクランブルエッグ、じゃがいも、玉ねぎ、チョリソー、ベーコンなどをいれます。ニューメキシコ州サンタフェにあるTia Sophia'sというメキシカンカフェでは1975年にベーコン、じゃがいも、とうがらし、チーズをトルティーヤで包んだオリジナルの朝食用ブリトーを開発したそうです。

さらに、以下には αのアイデアと参考サイトも紹介します。

ベジタリアン:Mark Bittmanさんの著書 How to Cook Everything Vegetarian に載っているbreakfast burritosのアイデアを参考にする。

ピリッとした朝食ブリトー:たくさん作って簡単に冷凍できます。夕食にもおすすめ。

● 中身がたっぷりのブリトー:Ellie Krieger's Food Networkのレシピは、アボガド、トマト、赤ピーマン、豆、赤たまねぎ、ピーマン、チーズ、卵をいれたレシピです。ただし冷凍する場合はサワークリームはいれないようにしましょう。

日本ではそこまで馴染みのないブリトーですが、こうして見ると思ったより手軽に作れそうです。朝食にブリトー、いかがですか?

日本人向けの参考サイト:

トルティーヤの作り方

はなまるマーケット「トルティーヤ」

Bulk Breakfast Burritos: Convenient, Cheap, Healthy, and Easier Than You Think [The Simple Dollar]

Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

「ご飯の友」をつくろう! 海苔の佃煮編

「ご飯の友」をつくろう! 鮭フレーク編

キャベツを毎日食べたくなるキッチンアイテム

自炊派への転向を助太刀するデジタル計量スプーン

有名なシェフのレシピが検索できるサイト「Cookstr」

swiper-button-prev
swiper-button-next