特集
カテゴリー
タグ
メディア

昔の料理本のほうがカロリーが低い!

その一番の原因は、1人分の量が多くなっていること。70年間の変化を研究したところ、40%もカロリーが増えており、それは1人分につき約77kcal増えたことになるそうです。例えば、『Joy of Cooking』のブラウニーのレシピでは、材料、レシピ、使う入れ物の大きさは全く同じなのに、60年代、70年代のレシピでは30個分だったものが1997年のレシピでは15個分になっています。また、同じレシピで14人分だったものが10人分になるなど、1人あたりの分量が増えているものも多いです。

ということで、昔の料理本を今も使い続けておくことは、決して悪いことではありません。それからJezebelのあるコメンテーターが言うようにレシピ通りの分量を1人1人に配るのではなく、小さいお皿に取り分け、少なめの量を食べるようにしてもいいと思います。

Evolving Recipes Raise Calorie Counts [Wall Street Journal via Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)

小田真規子の豆腐&おから低カロリーでも大満足のおかず50
豆腐&おから低カロリーでも
大満足のおかず50

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

男なら知っておきたい「女性が体重を気にする」3つの背景

体重計測を習慣化する3つのコツとは

体脂肪率を自宅で計測できる、日米の便利サイト

ゆっくり食べると痩せられる理由

低カロリー甘味料は、料理にもちゃんと使える

swiper-button-prev
swiper-button-next