特集
カテゴリー
タグ
メディア

シーツやシャツにいい香りをつける簡単な方法

Photo by mikecpeck.

太陽の光と風をたっぷり吸って乾いたシーツやシャツなどには、おひさまのいい匂いがつきますよね。でも、たとえ天気の良い日に干すことができなくても、1年中、いい匂いをつける方法があるのです。

家事のコツを教えるブログ「TipNut」には、シーツやシャツなどに良い香りをつけるための様々な方法が紹介されています。その中でも簡単で、安い方法は、自分で香りづけしたランドリー・ブースター(洗濯時に足して、効果を高めるもの)を作ることです。

プラスチック製のタッパーの中に重曹を入れ、好きな香りのエッセンシャルオイルを数滴たらします(だいたい1カップにつき2滴が目安です)。木製のスプーンや棒でかきまぜ(ただし料理用でないもので)、タッパーを閉じて、2週間そのまま置いておきます。

2週間たったら、香りづけした重曹をランドリー・ブースターとして使いはじめます。1度の洗濯で「洗い」か「すすぎ」の好きな時に1/2カップを入れてください。市販の柔軟剤は加えないように。

米lifehacker編集部のジェイソン・フィッツパトリック記者は「これを使い続けてみて、安くて効果が高いことに驚いている」とのこと。なお、洗濯の時に何かするつもりはないけれど、香りづけはしたいという人には、ネタ元をチェックしてみてください。枕につけるピローミスト、麻や綿の服と一緒に入れておくサシェ(香り付きの小袋)、安眠のためのハーブ入りの袋の作り方が載っています。

作り方にはそれぞれ、おすすめの香りが紹介されていますが、自分の好きな香りで実験してみてもいいと思います。ちなみにリラックス効果のある香りはラベンダーレモンバームライラックバラの花びらペパーミントだとか。みなさんも、オススメの香りづけの方法があったら、ぜひ教えてください。

Fresh Summer Scented Bedding Year Round [TipNut]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:阿久津美穂)

きめが細かく水に溶けやいオーストラリア産の重曹。パイプやよくそうの汚れや消臭に。使いやすい粉末タイプ。1kg入り。
重曹 1kg

¥ 388

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

簡単! 安心! 気持ちいい! 重曹(ベーキングソーダ)、ビネガー、石けんなど、安心な素材だけを組み合わせて使ったお掃除の仕方を、写真でおしゃれに分かりやすく紹介。
『重曹生活のススメ』

岩尾 明子 (著) ¥ 1,785

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

洗濯の洗剤は6割減らして使っても大丈夫

1500ドルの洗濯機を売るための、5つのTips

乾燥機にテニスボールを入れるといいことがある!?

あらゆる「におい」を解決するサイト

正しいジーンズの育て方

swiper-button-prev
swiper-button-next