特集
カテゴリー
タグ
メディア

光ファイバーを使って、リングフラッシュをDIY

レンズの周囲に適宜配置されたライトが、全方向から均一な光を供給してくれる、このアイテム。特にマクロ(接写)撮影ポートレート撮影で、素晴らしい効果をもたらしてくれるんですが、最低でも、2万円はしちゃうんです...。

「だったらDIYしちゃえば、いいじゃない」というのがサイト「Fring」のアンサー。光ファイバーを使って、たった5ドル程度の出費で、リングフラッシュの効果を作り上げています。かなり、トリッキーな仕組みとなっていますが、数百円程度しかいらないのであれば、まあ試してみる価値はあるでしょう。

090210lens_sub.jpg
ちなみに右のコインの写真は、その成果。こ、これは、なかなかスゴいんじゃないですかね?

作り方の詳細は、以下のリンクにて。英語の説明しかありませんが、写真が豊富なので、語学が苦手な人でも比較的簡単に着手できると思います。

Fring - DIY Fiber Optic Ring Light [via Hacked Gadgets]

Jason Fitzpatrick(原文/オサダシン)

 光ファイバー 直径0.5mm 長さ1m 50本 <p>株式会社シータスク
光ファイバー 直径0.5mm 長さ1m 50本

¥ 1,050

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

写真の「ボケ」をカスタマイズするツールの作り方

デジタル一眼レフにはヴィンテージレンズがオススメ!

iPhoneや携帯電話用の追加レンズ「eyeMobile」

今すぐ使えるデジタル写真撮影Tips

自分専用のカメラバッグを作ろう

swiper-button-prev
swiper-button-next