特集
カテゴリー
タグ
メディア

絶滅寸前の英単語を保護するために、僕や私が今日出来る事

辞書にあるのに日々使われなくなっている言葉のたどる運命とは、限りある辞書のスペースから削除されるのみなのでしょうか?

なかなか脚光を浴びる事がないそんな言葉たちを救出しようと、立ち上げられたサイトがこの「Save the Words」。

Oxford English Dictionary」によって運営されているこのサイトを開いてみると見事なまでに見たことのない英単語が並んでいて思わず笑ってしまいます。

ランダムに単語を表示させる事も出来ますし、ある単語が絶滅の危機に瀕しているかどうかの検索も可能。

気に入った単語が見つかった場合はその単語を日常生活で可能な限り頻繁に使用することを誓約することが出来ます。

私は自分の能力を余すところなく駆使し、この単語を会話や文書において可能な限り頻繁に使用することをここに約束します。

ちなみにここに出ている単語はアルクの辞書なんかにも大抵載っていないので、英会話にはどれもこれも不向きな単語ばかりです。

一つ二つ覚えて、英語学校の先生を困らせるには便利なサイトですけどね。

Save the Words [via Digital Inspiration]

Jason Fitzpatrick(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

英語学習なんて時間の無駄!

まとめ:2009年を人生のターニングポイントにするための英語学習Tips17選

あなたの書いた文字をTrueTypeフォント化する「YourFonts」

レベルに応じた英単語を、音声付で学べるサイト「VerbaLearn」(無料)

相手がイラつく英語の言い回し30

swiper-button-prev
swiper-button-next