特集
カテゴリー
タグ
メディア

Gmail、新しいラベル機能の使い方

  • カテゴリー:
  • TOOL

お気づきの方も多いかと思いますが、Gmail変わりましたね。

移動」と「ラベル」、2つのドロップダウンメニューを新設して、ラベルの付け方を改善。それに、キーボードショートカットとオートコンプリートもいい感じになっていますよ。

090204labels_shortcuts_01.jpg

まず、ただラベルをつけたいなら、いつものように希望のメールにチェックを入れて「ラベル」ボタンをクリックしましょう。ここで新しいショートカット「l」を使ってもOK。もちろん「Label」の頭文字ですね(もしショートカットが効かないなら、「設定」から「キーボード ショートカットを有効にする」を選択して「変更を保存」してください。ちなみにGmailのキーボードショートカット一覧はコチラです)。

そして、従来通りクリックホイールでスクロールさせて選ぶこともできますが、一番上の検索窓からキーボード入力して、ラベルを選ぶこともできるようになりました。ここにはオートコンプリートが効いているので、ともすれば膨大になりすぎるラベルでも即座に選択できますよ。

さらに、ラベルをつけて移動させたい場合は、チェックを入れた後に「移動」ボタンをクリック。ほぼ上記と同じ操作で、「受信トレイ」から、それぞれのラベルのフォルダに一発で移動してくれます。キーボードショートカットは「v」。「Move」の「v」と憶えるといいと公式ブログでいっておりますね(ちょっと中途半端か?)。

つまりこれらの操作で、ラベルという概念に従来のフォルダという概念が融合されたという感じです。いままでラベル付けを敬遠していた方でも、使いやすくなったんではないでしょうか。

「ラベルの効用が全然わからん」と思っている編集部のyukaみたいな人は、ぜひとも感想をお願いします!

New ways to label with "Move to" and auto-complete [Official Gmail Blog]

Adam Pash(原文/オサダシン)

【関連記事】

Gmailを最も早く書けるツール「gCompose」

Offline Gmailがすごいのは「操作までキャッシュに保存する」こと

Gmailに「返信&アーカイブ(保存&アーカイブ)」ボタンが追加

Gmailのファビコンに未読メッセージ数を表示

『GMDesk』で複数のGoogleアプリをひとつのウィンドウに(無料)

swiper-button-prev
swiper-button-next