特集
カテゴリー
タグ
メディア

業務終了時間を決めて生産性を上げる!

生産性に関するブログ「Web Worker Daily」を書いているサイモン・マッキーさんは、自宅で働いているため、毎日の仕事終わりのタイミングを決めるのに苦労してきたそうです。そこで、マッキーさんは生産性を上げる方法として、1日の仕事終わりの時間を決めることにしました。

これはとても大事なことです。そうしないと、私の場合は遅い時間まで働き続けてしまう傾向があるからです。1日の仕事終わりの時間を決めると、その時間までに頑張って仕事を終わらせようとするので、午後の時間の生産性が上がります。もちろん、急を要する仕事が入ってきた時は対応しますが、それ以外は1日の終わりの時間以降は働かないようにしています。

マッキーさんは他にもいろいろな工夫を紹介しています。

  • 仕事終わりの時間以降にインターネットを使う必要が出てきても、仕事のメールボックスは開かないようにする。
  • できれば、自宅の仕事部屋は普段の部屋と別の場所にするようにする。
  • 折りたたみできる机を使い、毎日、仕事が終わったらその机を片付ける。
  • 仕事終わりの時間の前にカフェなどに行き、そこで仕事を終わらせるようにする。そして、家に帰ったらもう仕事をしないようにする。

なるほど。みなさんはどんな工夫をしていますか? オフィスワークの方からのアイデアも、ぜひコメントに書き込んでくださいね。

Mark the End of the Day and Finish on Time [Web Worker Daily]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

画面を見過ぎですよ! と教えてくれる『Eyes Relax』

米lifehacker読者が選んだポータブルアプリ、Best5

GmailのToDoリストをFirefoxのサイドバーへ表示

仕事に役立つノートブック「mind.Depositor 2」

今年の抱負、まだ覚えてますか?

swiper-button-prev
swiper-button-next