特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windowsのスタートアップアイテムを変更し、パフォーマンスUPを図る

  • カテゴリー:
  • TOOL

もちろん、ライフハッカー読者の方であればすでにご存じ、というか当たり前じゃん、と言うか何をいまさらという手法(例えば『Startup Delayer 』を使い、全てのアプリがOSの起動と同時に立ちあがろうとするのを防ぐなど)が多いかもしれませんが、一読すると、なるほどー、と思うようなちょっと一ひねりある技も何気に含まれています。

不要なプリインストールアプリや常駐アプリは削除

:ファイル名を指定して実行→「msconfig」を入力→「スタートアップ」タブで不要なソフトを起動しないように設定。不要かどうかはググってチェック。

起動時をずらして体感速度をアップ

:ライフハッカー[日本版]で紹介した『Startup Delayer』や『デーモンバスター』などがオススメ

システムトレイのアイコンを隠すには

QuicktimeタッチバッドJavaのアイコンを表示しないようにする設定(英語ですが画像付きの解説)

他にもジーナが過去に書いたPC起動をスピードアップする方法も分かりやすいですし、日本語の記事を探している方はVistaの高速化の記事を参照してみて下さい。

起動高速化のためアイデアをお持ちの方は、ぜひコメントにて。

Streamline your Startup Applications & Improve Windows Performance [Windows Vista for Beginners]

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

Merlin Mann氏による「MacでのGTDに欠かせないアプリ解説」(動画)

GTDの専門家デビッド・アレン、かく語りき。「生産性向上とソフトウェアについて」

本棚をスッキリさせる、5つのルール

『Skype』ってUSBメモリからでも使えるらしい

超気軽にできる「ボックス収納法」のススメ

swiper-button-prev
swiper-button-next