特集
カテゴリー
タグ
メディア

Wikipediaがインタラクティブになった「VisualWikipedia」の魅力とは

VisualWikipedia」は、Wikipediaの記事にインタラクティブな機能としてYouTubeのビデオや関係する地図などを追加したものです。

VisualWikipedia」では、文章はすべてWikipediaの内容を使っているのですが、使ってみて最初に気づくのは、リンクのポップアップ。こういう機能は、場違いな場所にあると、ちょっと嫌だと思うことが多いのですが、「VisialWikipedia」ではとても使いやすく感じます。もちろんWikipediaでも関連ワードのリンクへジャンプするのは簡単ですが、「VisualWikipedia」ならページを飛ばすことなく、1つの画面でまとめて見ることができるのです。よって、クリックで他のページをたくさん見たあとにもとのページに戻りたくなって、履歴を見直す必要もなし。

それに加えて、YouTubeのビデオや関連トピックの紹介があるのも便利な点。最も大きな欠点は、魅力的すぎる内容だということ! 「VisualWikipedia」は、万人受けするサイトではないかもしれませんが、多くの方に一見の価値あり。日本語版もありますので、ぜひ見てみてください。気付いたらもうこんな時間! という可能性も高いのでお気を付けあれ。

VisualWikipedia [via Micro Persuasion]

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

持ち運びできるwiki『Tiddly BackPack』(動画)

Wiki的なアプローチのレシピサイト「Foodista」

英語学習なんて時間の無駄!

実はあまり知られていない?Google検索のトリック10

「Search Cloudlet」で検索効率大幅アップ(Firefoxアドオン)

swiper-button-prev
swiper-button-next