特集
カテゴリー
タグ
メディア

超便利!自然な文章でスケジュールを入れてくれるアプリ『QuickCal』

Mac OS X のみ対応:カレンダーのアプリで便利なものには、簡単に記入した内容をナチュラルな文章で入れてくれる機能をたいてい持っています。例えば「dinner tomorrow w/jerry at 8」と入力したら、それがちゃんと文章で反映される、といったかたちです。『QuickCal』というMac用ダッシュボードウジェットもそういう機能を持っていますが、実はもっともっと便利です。

QuickCal』は『iCal』とシームレスに動作するアプリで、『Quickcal』に新しい予定を入れるたびに、その内容が『iCal』に反映されます(『iCal』を『Google Calender』と連動させている場合はそちらにも反映されます)。

QuickCal』のさらに便利な点は、入力したスケジュールの内容をコンピュータが自然な文章に直した後、それをアップする前に確認できるところです。他のカレンダーのアプリにはこの機能がないために、後で確認すると変な文章だった、なんていうことがたくさんあったので、これは便利です。

090128qc-remind.jpg

他に特筆すべきは、『QuickCal』には「スマートリマインダー」という機能がついている点。これは、どのくらい先の予定なのかによって、それを確認するタイミングを選べる機能です。初期設定では「全ての予定の15分前に予定確認のお知らせ」をしてくれるようになっています。

設定を変更すると、予定が1週間以上先であればその1日前に予定の確認を、1ヶ月以上先であれば1週間前に予定の確認をしてくれます。ライフハッカー編集長のアダム・パッシュは「この機能は本当に便利で気に入っている」とのことです。

ただ、1つ短所をあげるとしたら『QuickCal』のダッシュボード機能です。アダムいわく「これなら、メニューバーのアプリを使ってショートカットキーなどを活用するほうが、機能的でやりやすいと思う」とのこと。ウィジェット使いは試してみるといいですよ。

QuickCal Widget [Smelly. Puppy.]

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

『TaskTome』 で超簡単タスク管理+α

1930年代におこなわれた方法で集中力を高めようiPhoneをMacで使うと得する10のこと

Googleカレンダーとデスクトップカレンダーを同期してくれるCalgooがついに無料化!

プロジェクトの時間管理に便利なフリーソフト

swiper-button-prev
swiper-button-next