特集
カテゴリー
タグ
メディア

フラッシュ用の延長コードをネットワークケーブルで作成

photo by pieterjanviaene.

フラッシュ用の延長コードが必要なら、お金をかけなくても大丈夫。なんでも 「CAT 5ケーブル」を使えば格安でばっちり仕事をこなしてくれる延長コードを作成できるみたいですよ。

サイト「DIYPhotography.net」のUdiさんは、Nikonフラッシュ延長ケーブルが短すぎることに気付いたのです。とはいえ、あとほんの少しだけ長くしたいだけなのでわざわざそれにお金をつぎ込むこともばかばかしく思えました。ならば自作してやろうじゃないかと彼は決意し、ケーブルを犠牲にし、実験に取り掛かったのです。

TTLケーブルをまず半分に切り、ゴムの部分を取り外します。Cat5eのネットワークウォールジャックを両側にひとつずつ、合計2つ使用。Cat5eケーブルおよびジャックは8本のワイヤーから出来ているので、相性はばっちり。しかもこれらのケーブルはちゃんとシールドされているので、かなりのトラフィックの転送が可能です。

090119flash2.jpg
ケーブルを犠牲にしたギャンブルは見事に功を奏し、ネットワークケーブルが延長ケーブルを作成するのに適していることを彼は証明してくれました。150センチと15メートルのCAT5ケーブルで彼がテストしてみても、フラッシュの発光ディレイもなく問題なく作動するので、かなり長いケーブルが必要な場合でもこの方法でやればかなり安く作成できそうですよ。

カメラ関連での節約術を実践している方、知っている方はコメントでぜひ教えて下さい!

Extending Your TTL Flash Cord [DIYPhotography.net]

Jason Fitzpatrick(原文 /まいるす・ゑびす)

【関連記事】

写真撮影の照明用テントをDIY

格安で写真技術を向上できるツールTop10

スキャナをカメラに変えるDIY

カメラ用のLブラケットを自作してみよう!

今すぐ使えるデジタル写真撮影Tips

swiper-button-prev
swiper-button-next