特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのオートコンプリートデータベースを確実に更新するにはSafariから打ち込むべしっ

iPhone /iPod touchに確実にこの単語を覚えさせる方法はたったひとつしかないそうです。

iPhoneのカスタムオートコンプリート辞書(場所:/private/var/mobile/Library/Keyboard/dynamic-text.dat )はNotesなどを使っている際には更新されません。が、Mobile Safariのグーグル検索ボックスを使うと、ファイルがすぐにリフレッシュされるそうです。

... 明確なのはiPhoneアプリのすべてに学習機能が付いているわけではないということ。Notesは特に記憶喪失度が高いようです。その一方で、Safariのグーグルテキストの入力フィールドを使った場合、毎回きちんと更新・登録されており、キーボード辞書へ新しい項目としてデータベースへ追加されているようです。

Notesその他のタイプフレンドリーアプリはMobile Safariからは追加分を確実に取り込んでくれるようですよ。なので、単語が出ないぜ、ちきしょー、と思っている方はSafariから登録する、という技も覚えておくと便利かも知れません。

英語でやりとりする際に、Oh, duck. のような文章が送られてきたら、そいつはきっとオートコンプリート機能が更新されてない証拠ですぜ。

What the duck? Train your iPhone to (truly) learn new words [Ars Technica]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

IMEの「カタカナ語英語辞書」でカタカナ→英語へ簡単変換

MacのSafariで効率よくググるには

スペルミスの多い英単語、TOP25

日本語対応していないパソコンで日本語を入力する荒技!

iPhoneをMacで使うと得する10のこと

swiper-button-prev
swiper-button-next