特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Skype』ってUSBメモリからでも使えるらしい

というのは昨日までの話。やり方さえ知っていれば出来てしまうんです。

Weblog MakeUseOfにSkype』に、USBメモリに保存して外出先で使ってしまう方法が紹介されてます。これを使えば、いつどこで何をしてたって、『Skype』が使えるってわけです。このポータブルバージョンは『Skype』公式サイトから提供されているわけではないですが、アプリをUSBメモリへ移動し、一工夫加えた 『Skype』用のデータフォルダを作成するとスムーズに動きだします。

一工夫の詳細は、以下にて。

  1. USBメモリにフォルダを作る。名前は「Portable Skype」など、任意の名前でOK
  2. SkypeがインストールしてあるあなたのPCから「Skype.exe」を探す(デフォルトのままなら「C:\Program Files\Skype」にあるはず)。
  3. 見つけたら、最初に作ったUSBメモリ内の「Portable Skype」フォルダに、「Skype.exe」をコピー。
  4. Portable Skype」のなかに「data」フォルダを新規作成。
  5. data」フォルダのなかに、メモ帳で作ったテキストファイルなどのテキストエディタで作ったテキストファイルを保存。ファイル名は「skype.bat 」。
  6. skype.bat 」をテキストエディタで開き、「skype.exe /datapath:"Data" /removable」をコピペして保存。

もちろん話すのにマイクは必要ですし、姿を映すにはカメラも必要ですので、USBメモリだけで使えるというわけではありませんが、家じゃなくてもいつものコンタクトリストを使って出来る(ローカルにあるSkypeにログインデータを残すことなく、ね)、という選択肢があるだけでもだいぶ違うと思いませんか? 他人のPCで作業することの多いSkypeユーザーはぜひお試しアレ。

How To Make Skype Work On A Portable USB Stick [MakeUseOf]

Adam Pash(原文 /まいるす・ゑびす)

イヤフォン付きマイクロフォン MS-HS59SC
ELECOM イヤフォン付きマイクロフォン
MS-HS59SC

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

プロジェクターを使って楽しく書類作り

「ミニモニター」のすすめ

米lifehacker読者が選んだ、感謝の気持ちを表したいフリーソフトウェア46選

トリプルモニター&テレビ、という環境

iPod付属イヤホンのLRを瞬時に判別できるミニハック

swiper-button-prev
swiper-button-next