特集
カテゴリー
タグ
メディア

アメリカで最も体に悪い食べ物リスト2009年版


● 最も体に悪い食べ物2009:Baskin Robbinsサーティワンアイスクリーム)のチョコレート・オレオ・シェイク[2600Kカロリー、脂質135g]

1日に必要なカロリーを上回っているうえに、3日分の飽和脂肪を含み、ストローで10分吸い込むだけで食べられちゃうのも恐ろしい点。

● 最も体に悪いサンドウィッチ2009:Quiznoツナメルト(ラージサイズ)[2090kカロリー、脂質175g]

ツナはヘルシーだと言われていますが、これは別。家で作ればこの1/4のカロリーでできます。

● 最も体に悪いサラダ2009:T.G.I. Fridaysピーカン・クラステッド・チキン・サラダ[1360kカロリー、脂質は不明]

同じ店の他の6つのサラダも分析しましたガが、全て900kカロリー以上ありました。ランチで食べる時は気をつけて。

●最も体に悪いバーガー2009:Chili●スモークハウス・ベーコン・トリプル・チーズ・ビッグマウスバーガー(ハラペーニョドレッシングつき)[2040kカロリー、脂質150g]

1日に必要な量の2.5倍の脂質が含まれています。

もちろん、同じレストランのものでもっとカロリー、脂質の低いメニューもありますが、サーティワンアイスクリームやT.G.I.Fridaysは日本にもあるので、食べに行く時はちょっと注意しておくといいですよ!

The 20 Worst Foods in America 2009 [Men's Health via NYT/Bitten blog]

Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)

※米lifehackerの関連記事:

ダイエットのタグ

昨年の「これは食べてはいけないリスト」

体にいい食べ物リスト

【関連記事】

喉と咳に効くレモン&ジンジャードリンクの作り方

リーズナブルで健康な食生活のための7つのコツ(ひとり暮らし向け)

地中海式料理は美味しい上に、心臓発作予防にも!

体脂肪率を自宅で計測できる、日米の便利サイト

肥満が恋愛に不利となる5つの理由

swiper-button-prev
swiper-button-next