特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Living Smaller」を1年実践した結果、得られたものとは

エンジニアのRick Jelliffe氏による1年間にわたる、「Living Smaller」(「ミニマムライフ」ともちょっと違うニュアンス。「ものもストレスも増やさない生活」とか「モッタイナイ生活」とでも言いましょうか)のレポートが、「O'Reilly Broadcast」で紹介されていました。なにかが壊れても新品を買うのではなく、すでにあるもので代用したり、がむしゃらに働くことを止めたり。

そうしたいと思ってもなかなかできない生活ですが、Rick Jelliffe氏が1年間実行したことを簡単に紹介すると...

  • 移動で使うのは公共交通機関だけ
  • 使わない電球は取り外し
  • パンは自分で作る
  • ダンプリングも作って冷凍
  • ガジェットを買わない
  • CDも買わない
  • 薄型テレビも買わない
  • 自宅の電話もない
  • インターネットもない
  • ケーブルテレビだってない
  • 新しいアートも買ってない
  • お酒(ジン)もない
  • 海外に渡ったのは1回だけ(のっぴきならない件で)
  • 飛行機には2回乗っただけ(両親が80歳になった記念の旅行で)
  • 飛行機に乗るような仕事は断る

かなり極端な実践ではありますね。さてそんな生活を1年間続けた結果、彼が得られた答えとは、

「そんな生活にもかかわらず、SC34のワーキンググループへは十分参加できたよ(パスポートはうっかり失効させちゃったけどね...)。1年間の「Living smaller」を通じて導き出されたのは「非常に平穏な生活を送れる」ということ。ラットレースのようなドタバタにまったく関わらないとは言わないけど、労働時間以外は焦ることなく過ごせるよ」

彼の生活のコンセプトは、この不況のいまこそ役立つものなのかもしれません。すべてを実践するのは現実的ではないかもしれませんが、気になった人はちょこっとずつ「Living smaller」を取り入れてみてくださいね。

2008: my year of living smaller [O'Reilly Broadcast]

Gina Trapani(原文/訳:常山剛)

【関連記事】

新年の始まりに、不要な調味料は捨ててしまえ

今年こそ「正しい収支バランス」をマスターしたい人に贈る9つの方法

「No」という技術の必要性

ゴミ箱漁り という エコ活動:マーコ・マンリケズ氏インタビュー

あるCEOの経験に基づく「人生の12の法則」

swiper-button-prev
swiper-button-next