特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Video MobileConverter』で小画面用に映画を変換

Windowsのみ : BitTorrentのスーパーホスト「The Pirate Bay」によると、『ViO MobileConverter』ツールは動画のサイズを20%ほど小さくしてくれ携帯機器用に変換するに当たっては他のどのツールよりも速い、とのこと。

さっそく試してみましょう。

なぜ変換速度や質を検証するのかというと、ViOがホームページ上で下記の内容を謳っている からなのですが。

どのようなウェブ動画形式のファイルでもあなたの携帯メディア機器用に変換し、画質を劣化させることなくオリジナルサイズに比べて最大20%小さくすることができます。ViOの変換速度は現在の市場にあるツールの中で最速です。

というわけでViOを使って、DiVx形式の『Mad Men』のエピソードをiPod touch用に変換してみることに。今までは『Freez iPod Converter』の無料版を使用。こちらはなんとなく不器用な感は否めないものの、変換速度と画質で言えば、過去に試したものでは一番まとも。変換速度の測定には『Robin Keir's timer』を使用。

350MB、45分のAVIファイルをFreezに入れ、初期設定を変えずに(MP4に変換)走らせてみた結果は下記の通り。

『Freez iPod Converter』

変換時間 : 7分10秒 変換後のファイルサイズ : 251 MB 画質 : 良い。視聴に問題なし。オリジナルとほぼ同じ状況。 スクリーンショット :

081225freez_screen.jpg

その後、『ViO』で同じファイルを変換させてみることに。AVIファイルを入れ、iPhone用(iPod touchと同じ画面)にMP4へ変換。

『ViO』

変換時間 : 7分7秒 変換後のファイルサイズ : 54.7 MB 画質 : ピクセルゴーストが多数出現。色が多いシーンではごちゃごちゃと混ざる感あり。高画質またはHD設定になっていないYouTube動画のよう。 スクリーンショット :

081225vio_screen.jpg

と、ここまでやったところで、『ViO』の「Advanced Options」で変換後の画質の設定がかなり詳細に出来ることに気づき、

081225vio_options.jpg

変換後のファイルサイズを251MBのMP4ファイルに設定しもう一度変換させてみると、動画のビットレートや他の機能も一瞬にして向上。

2回目の結果は下記の通り :

『ViO』(セカンドテイク)

変換時間 : 7分10秒 変換後のファイルサイズ : 181MB

画質 : 最初のファイルよりもかなり高画質。ピクセルゴーストは消滅。速い動きやシーンが突然変わる場合にはややカクカクと引っかかる感じあり。(特に明るい状態で)とは言え、視聴には問題ない状態。 スクリーンショット :

081225vio_2.jpg

さてさて、検証の結果はごらんの通り。『ViO』は『Freez』と同じ時間でさらに小さいサイズの動画ファイルの作成を達成。サイズも30%ほど小さくなり、その画質の差もそこまで大きくない、という『Freez』ファンにはちょっと悲しい結果が。インターフェースも『Freez』より使いやすく、洗練された感じになっているし、HTC、Samsung、LG、Nokia、Appleなど、変換に対応している携帯機器も多様多種なので、一度チェックしてみる価値は十分にありそう。

『ViO Video MobileConverter』はWindows専用の無料ダウンロード。ブラウザのアドオンを追加したくない場合は、ツールバーオプションをオフにすることをお忘れなく(初期設定ではONになってます)。

ViO Video MobileConverter [The Pirate Bay via TorrentFreak]

Kevin Purdy(原文 /まいるす・ゑびす)

【関連記事】

ライフハッカーおすすめ・メディアコンバータ5選(無料)

『MediaJoin』で複数のメディアファイルと一つに統合(フリーソフト)

『Clone2Go』で簡単に動画形式を変換(無料)

iTunes 8ならどんなファイルも簡単にオーディオブックに変換出来るんです!

『Quick Media Converter』で音声・動画のフォーマットを自由自在に変換(フリーソフト)

swiper-button-prev
swiper-button-next