特集
カテゴリー
タグ
メディア

緊急発電機としてプリウスを使用

もしあなたがトヨタ・プリウスのオーナーなら、ハイブリッド車のバッテリーパックは驚くほど効果的な非常用発電器になります。

嵐の影響で地域の電力源を破壊されてしまったJohn Sweeneyさん。冬の寒いマサチューセッツで暖をとるためにある特別なことをしました。ハーバードプレスからの報告です。

Sweeneyは冷蔵庫、冷凍庫、テレビ、薪ストーブとそしていくつかのライトをプリウスに繋げ、3日間でおよそ3.5〜4.5リットル分のガソリンを使いました。

「しばらくの間電力なしで過ごそうと思ったときに、私はインバーター(12vの直流電力から120vの交流電力を生成)を掘り出してきて、プリウスに配線しました。インバーターはオンラインでおよそ100ドルぐらいで手に入れられます」

このデバイスは30分間走るエンジンを許容しています。自動的に車のバッテリーを充電して、間接的に要求される電力を供給します。

非常用電源としてインバーターを使うことは特に新しいことではありませんが、ハイブリッド車の大きなバッテリー容量との組み合わせは、適度な燃料消費のため緊急発電機として適しているのかも。

Ice Storm Tests Mettle of Harvard Residents [via Gadgetopia]

Jason Fitzpatrick(原文/yuka)

【関連記事】

ガチの普通車で「エコドライブ」するための10カ条

必要な部分だけ選んで印刷できる無料ウェブツール

一石四鳥な「ハンディ・ソーラー・キット」

あえて無電源という選択:体温ですぐ温まる「あったかパット」

パソコンをエコにする無料ソフト『Edison』

swiper-button-prev
swiper-button-next