特集
カテゴリー
タグ
メディア

しばらく着てない服を判別し、捨てるためのハック

それは、洋服の片付けにおいても同じこと。そこで、生産性についてのアドバイスをしているマーリン・マンさんは「どの服をしばらく着ていないのかはっきりさせるために、ハンガーの掛け方を工夫しよう」と提案しています。

最初にハンガーにかかっている服をすべて取り出し、全ていつもと逆の方向にかけます。そして、その日から6カ月または1年後のカレンダーの日付に印をつけておきます。その後、ハンガーにかかっている服を着る度に、戻す時に今までどおりの方向に入れ直します。こうするとどれを着たのか、着ていないのかが一目瞭然です。そして...

カレンダーを見て「そろそろ見直す時期だ」と確認したら、クローゼットを開けて、着ていない服をチェックします。一度も着ていない服を処分する時も大分気持ちは楽になっているはず。だって、どれだけ着ていないかがはっきりしているのだから。

片付けには、こんな昔ながらのライフハック術も活用しましょう。

Peter Walsh's clever hanger trick [43 Folders]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

針金ハンガーでマガジンラックを作ってみる

超簡単!ハンガーでノートPC用のスタンドを作ろう

毎日、同じ服ばかり着ないようにする秘策

お金をかけず、洋服を長持ちさせるには...?

庶民の収入でも「ワールドリーダー」に見せるファッション術

swiper-button-prev
swiper-button-next