特集
カテゴリー
タグ
メディア

超音波加湿器は「加湿器病」の危険性が高い!?

photo by dolapo.

加湿器には4つの種類あるみたいですね。

このシーズンに本気で役立つ情報として掲載されていた、「ECナビ」の特集記事「加湿器の選び方と購入ポイント」。そこで紹介されている加湿器の種類は、パワーはあるけどコストがかかる「スチーム式」、安全だけど値段が高い「ハイブリッド式」、清潔だけどパワーが弱い「フィルター式」、安価だけど手入れが大変な「超音波式」の4つです。それぞれ一長一短といった感じですが、特に興味深かったのは「加湿器病」に関するくだり。

「(加湿器病は)水に含まれる雑菌や微生物をそのまま噴気してしまい、肺にダメージを与えてしまう病気のことです。使う水は水道水でも構いませんが、除菌機能が搭載されている機種であるかを確認するようにしてください。また、タンクの掃除やフィルターの交換は定期的に行い、清潔さを保つように心がけましょう」

なるほど、なるほど。だとしたら、水を熱せず、しかもフィルターで濾過もしない超音波式は、その危険性が高そう。製品の値段は安いけども、それなりのリスクがあることを理解しておく必要があるかもしれません。

でも、もちろんこまめな手入れをしておけば大丈夫とのこと。ま、結局はその人の生活習慣が、病気予防に反映されるということなんでしょうね。

加湿器の選び方と購入ポイント[ECナビ]

(オサダシン)

【関連記事】

あえて無電源という選択:携帯加湿器

まとめ:風邪やインフルエンザにも負けない、病気対策14選

オフィスを快適な空間にする3つの条件

寒い夜にオススメ、ホットビールの作り方

簡単すぎる、レンジで湯豆腐を作る方法

swiper-button-prev
swiper-button-next