特集
カテゴリー
タグ
メディア

3冊の本から生産性を上げるコツをまとめてみました

クリスさんは2週間、これら3冊の本の著者であるデビッド・アレンさん、ジュリー・モーゲンスターンさん、ティム・フェリスさんの提案する方法を実践し、1人1人にインタビューをしました。結果として、フリーランスとして働くクリスさんはティム・フェリスさんの『The 4-Hour Workweek』が一番好きになったそうです。クリスさんいわく:

これらの3冊はとても相性が良い家族のような組み合わせです。

デビッド・アレンさんの『Getting Things Done』は物事を複雑にしすぎないことを諭してくれる実践派のお父さんのような役目を果たしてくれます。ジュリー・モーゲンスターンさんの『Never Check Email in the Morning』は「大丈夫よ。大事なことに集中する必要があるだけ」と抱きしめながら言ってくれるお母さんのような存在。そしてティム・フェリスさんの『The 4-Hour Workweek』は「常識に縛られないで考えてみようよ!」と提案する子供のような感じです。

よって、これらの中から自分に合ったものを選び、組み合わせるのが良いと感じました。生産性に関する本で大御所はデビッド・アレンさんの『Getting Things Done』ですが、もし1冊だけオススメしてほしい、と言われたら、私のオススメはティム・フェリスさんの『The 4-Hour Workweek』です。

クリスさんの結論に、フリーランスで働いていない人は賛成できないかもしれません。でも、何はともあれこの記事は読む価値アリです。みなさんの生産性を上げるコツとおすすめの本も、教えてくださいね!

Diary of a Self-Help Dropout: Flirting With the 4-Hour Workweek [Wired]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

 Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity (ペーパーバック) <p>David Allen (著)
Getting Things Done

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

 The 4-hour Work Week (ペーパーバック) <p>Timothy Ferriss (著)
The 4-hour Work Week

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

Never Check E-mail in the Morning: And Other Unexpected Strategies for Making Your Work Life Work (ペーパーバック)Julie Morgenstern (著)
Never Check E-mail in the Morning

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

デビッド・アレン氏が発表する新しい仕事術本『Making It All Work』レビュー

ジュンク堂書店のWEB通販は、本1冊からでも送料無料

ビジネススクールよりも、ビジネス書で学ぼう!

アメリカ人司書が説く、7つの図書館活用法

古本が素敵な花瓶に変身!

swiper-button-prev
swiper-button-next