特集
カテゴリー
タグ
メディア

衛星放送の代わりにネットを活用してセーブしよう

cnetの報告によると :

ジェームスさん夫婦は以前250チャンネルを提供している衛星放送に月々115ドル費やしていたのですが、彼らが実際に見ているチャンネルをリストアップしてみたところたったの25チャンネルしかありませんでした。

「たったの1割のチャンネルしか見てないのにこの金額を支払うことに納得できなかったんです。衛星放送で見ないチャンネルだけをキャンセルできるのであれば、その選択をしたと思うのですが、パンを1袋買ってきて、2枚しか食べないようなものだと思ったんです。これってただの無駄ですよね」

ワイヤレスキーボードとマウスを使って「Hulu.com」などのサイトで見たいビデオを見つけ、それを見る、という新しい設定に彼らはかなり満足し、以前の設定よりも良いと感じているとのこと。

衛星放送をなくしたことは喪失感というよりは改善だったとジェームスさん夫婦は感じているそうです。

「衛星放送があったころよりも今の方がTVを見ていますよ。『Hulu.com』などのオンラインサービスで番組を見るとコマーシャルがないので、視聴に必要な時間も短縮されるし。」と奥さん。

TV局によっては通常の放映以外の動画コンテンツを提供している場合もあり、衛星放送で見ていた番組よりも現在の方がバラエティーも選択肢も増えたそうです。例えば、彼らが使用しているAT&Tのプロバイダーは「ESPM360.com」というスペシャルブロードバンドチャンネルを提供しており、カレッジフットボールから世界中のサッカーの試合、Nascar(参照:)などさまざまなスポーツ番組が視聴可能。これらの番組は衛星のESPNチャンネルで必ずしも見れるわけではありません。イベントの多くはライブ中継されており、後に再放送もされ、すべて無料なのです。

日本でもケーブルや衛星放送を打ち切り、オンラインコンテンツへの移行を図った人は他にもいるのでしょうか? もし、似たような経験をしたことがある人、今、ケーブルや衛星放送の契約を止めようかどうか悩んでいる人はぜひコメントで教えてください!

You don't need satellite TV when times get tough [CNET via Consumerist]

Gina Trapani(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

「生活に幸せを感じている人は、テレビをあんまり見ない」という研究結果

テレビを消して、町に出なくていいから、部屋でやろう

CMの音が大きいのはナゼ?

引出時のATM手数料を無料にして時間を節約

1ドル節約するために、どこまで頑張る?

swiper-button-prev
swiper-button-next