特集
カテゴリー
タグ
メディア

IMEの「カタカナ語英語辞書」でカタカナ→英語へ簡単変換

徳島生まれのソフトとなにかと比較されがちですが、隠れた実力がありました。

英単語を入力したいんだけど、スペルが分からない。しょうがなく辞書サイトで検索して、アルファベットをコピペして...なんて経験はありませんか? 2〜3の単語ならまだしも、頻繁にその必要があると結構手間もかかるし、なによりタイムロス。数秒のロスが塵と積もる前に、IMEユーザーで、まだ「カタカナ語英語辞書」にチェックを入れてない人は、今すぐチェックを入れておきましょう。手順は下記の通り。

IMEのプロパティを開き、「辞書/学習」タブから、システム辞書の欄にある「Microsoft IME カタカナ語英語辞書」にチェックを入れる

再起動の必要もなく、チェックを入れてOKを押せばすぐに利用可能です。試しに「インターネット」とか「シボレー」などとカタカナで入力すると、「INTERNET」「CHEVROLET」と、アルファベットが変換候補に現れます。これ、ふと英単語を思い出せないときに、とても重宝します。お試しあれ。

ちなみに、ATOKだとデフォルトで同様の機能にチェックが入っています。変換時にF4を押すと、英単語に変換されますよ。

辞書なしで英単語のスペルを調べる方法[Biz.ID]

(常山剛)

【関連記事】

お願いのメールをサラッと書ける言い回し

英会話がうまくなった気分になる5つの言い回し

「Apple」の豆知識(フレーズ編)

相手がイラつく英語の言い回し30

全然読めそうにない名前を発音してくれるサイト

swiper-button-prev
swiper-button-next