特集
カテゴリー
タグ
メディア

デートを確約するには、「二者択一」がベター

photo by anyjazz65.

否定という選択の否定といいますか...。

それなりにいいシナリオで会話は進んでいるのに、デートへ誘うきっかけが見つからない。そんな方に、思い出してもらいたい言葉は二者択一、と、精神科医のゆうきゆうさんは、情報サイト「月刊4B」の企画で答えています。

(デートに誘う際)これはセールスでもよく使われる手法ですが、まず『休みの日って何してるの?』と質問をします。ここで『カラオケとかかな』など具体的な返事があれば『じゃあ、今度一緒に行こうよ!』と誘えますが、『え~、寝てるかなぁ』というようにあいまいな返事だった場合、『映画と飲みだったらどっち派?』と二択の質問をするのです。どちらかを選べば、答えた手前、誘いを断りにくくなります

なるほど、男らしいリーダーシップも示しつつ、強引になりすぎないスマートな展開といえるかもしれませんね。今度やってみよう。

とはいえ、そんな囲い込みクエスチョンであっても、あえてズバッと切り裂いてくれる女性の方が、後々いい付き合いが出来そうな気が...ってのは、ボクがM体質のせいでしょうか?

クリスマスまで待てない!? オトコの「勝つ恋愛術」[月刊4B]

(オサダシン)

【関連記事】

携帯メールで女性をデートに誘うときの3つのコツ

「告白」の成功率を高める、7つのチェックポイント

「15~20%の法則」を使って、望みどおりの価格で買い物をしよう

具体的に提案したい!冬のデート5パターン

体よく断る時に役立つ言い回し

swiper-button-prev
swiper-button-next