特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Outlook』で、不在期間のミニカレンダーを自動返信に挿入するワザ

「年内は24日が最終日なので、それ以降は斉藤へ連絡して下さい」と何度も何度も部長には口をすっぱくして言ったのに、後日出社すると自分にだけ宛てられた催促メールの山が。

なんて、そんな事態を避けるべく、HTML形式のミニカレンダーを自動返信に挿入する方法がOutlook開発チームのブログで紹介されていました。まず、Outlook形式で日付が選択されているカレンダーをメールで自分宛に送り、不在メッセージのテンプレートに貼り付けます

HTML形式の署名をサポートしているメールサービスであれば同じ要領でカレンダーを貼り付けることが可能。俺はいつもこうやってる、という方法や、自動返信の際に有効なTipsをご存知の方はコメントで教えて下さい!

Cool Trick: Making Miniature Calendars [Microsoft Office Outlook Team Blog via Lifehacker AU]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

Googleカレンダーとデスクトップカレンダーを同期してくれるCalgooがついに無料化!

OutlookとGoogleのカレンダーを一緒に見られるソフト(無料)

『DeskTask』でOutlook上のイベントをデスクトップに表示

めくるめくニャンコたちを堪能できる暦サイト「猫めくり」

軽くて便利なアプリサイドバー『WinWorkBar』(無料)

swiper-button-prev
swiper-button-next